政府は保有する日本郵政の株式を、月内にも追加売却する方向で調整に入った。株式市場が現在、比較的安定しており、かねて検討してきた売却が可能と判断したようだ。ただ、郵政株に対する市場の評価は低く、その経営手法に対して関係者からも厳しい声が上がる。

(写真=Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
(写真=Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 政府は日本郵政の株式を売却する準備を始めた。近く決定する見通しで、早ければ9月中にも実施する。

 売却額は最大で1兆4000億円規模になる見込み。日経平均株価が2万円近い水準で推移しており、大量の郵政株を売り出しても市場が吸収できると見込んでいるもようだ。北朝鮮情勢が悪化して株式市場が急落するなどした場合には、売却を先送りする可能性もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り908文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/