楽天が米アップル認定の整備済み中古品を発売。これまで大手が占めてきたiPhone市場に風穴が開き始めた。9月中旬とみられる新機種の発表を機に、中古品を交えた新たな「iPhone商戦」が本格化する。アップル認定の中古品の登場は格安スマホ会社にとって朗報だが、さらなる競争激化にもつながる。

楽天が投入したiPhoneの「CPO(認定中古品)」

 「大手携帯電話会社が扱うiPhoneの新品は価格が高くなっており、購入をためらう顧客も増えている。当社がiPhoneを販売することで、今まで開拓できていなかった顧客層を取り込む」

 9月1日、新たにiPhoneの販売を開始した楽天の大尾嘉宏人執行役員はこう意気込む。同社の今回の動きは、日本のスマートフォン(スマホ)市場で大きなシェアを持つiPhoneの販売地図に大きな影響を及ぼす可能性がある。