吉本興業がスポーツビジネスに本腰を入れ始めた。トヨタ自動車のスポーツ部門を包括支援するほか、米大リーガーを含む70人近い選手をマネジメントしている。本業の「お笑い」は好調だが隆盛が続く保証はない。新しい収益源として狙いを定めた。

アルバルクの試合は吉本が演出を担当、会場を盛り上げる

 日本選手で7人目となる日米通算2000安打を達成した青木宣親に、いつも影のように寄り添う男がいる。よしもとエンタテインメントUSAの高橋昭だ。青木の米国でのあらゆる活動をサポートする。「住居や子供の学校探し、遠征中の家族のサポートまでしてくれる。野球に集中できる環境を作ってくれるので助かる」と青木は語る。9月にはニューヨーク・メッツに入団し、新天地で好調なスタートを切った。

イベントではスポーツ選手と芸人が共演し、盛り上げる。石井一久(右)とペナルティの中川秀樹

 吉本の手によって海を渡った野球選手は多い。現役大リーガーでは青木のほか田沢純一、OBでは石井一久、斎藤隆、黒田博樹のほか、日本でプレーを続ける福留孝介もそうだ。吉本が米国移籍に強いのは、現地の有力エージェントであるクリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)との間に太いパイプがあるからだ。

 吉本による米移籍の草分け的存在の石井は、「石井一久というブランドが、どうすれば米国で最も輝くか、吉本は常に考えてくれた」と振り返る。石井は引退後、吉本の契約社員となった。現役選手でも岸孝之(楽天)、涌井秀章(ロッテ)といった有力選手が吉本のマネジメントを受けている。