北朝鮮の米国への挑発が、危険な水準に達してきた。ミサイルを発射し日本上空を通過させたのに続き、過去最大級の核実験を実施。トランプ政権は北朝鮮を壊滅させる軍事的報復もにおわせている。

ドナルド・トランプ 米大統領
(写真=UPI/amanaimages)
(写真=UPI/amanaimages)

9/3 @ ツイッター
米国は、他の選択肢に加えて、北朝鮮と取引のある国との貿易を全て停止することを検討している

9/3 @ 米ワシントンの教会
(北朝鮮への軍事攻撃の可能性を問われ)
今に分かる

8/29 @ 北朝鮮のミサイル発射を受けた声明
全ての選択肢はテーブルの上にある

北朝鮮が8月29日にミサイルを発射して日本上空を通過させたのに続き、9月3日に大規模な核実験を実施。北朝鮮はICBM(大陸間弾道ミサイル)に搭載する水爆実験が「完全に成功した」と発表した。トランプ大統領は北朝鮮を強い口調で非難、マティス国防長官も軍事的報復の可能性について従来以上に踏み込んだ。韓国や中国の対話路線が機能していないとの批判も強め、中国を念頭に北朝鮮と取引がある全ての国との貿易を停止することも検討していると表明。4日、国連安全保障理事会は緊急会合を開いた。北朝鮮のICBM完成は2018年春ともいわれる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り603文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/