米配車大手のウーバーテクノロジーズが東京で「空飛ぶタクシー」の実証実験を目指す方針を明らかにした。複数の航空機メーカーなどと共同で開発中の垂直離着陸機で新たな移動サービスの提供をもくろんでいる。ライドシェア(相乗り)サービスでは規制当局との交渉不足を露呈したが、空飛ぶタクシーではしたたかさを見せる。

ウーバーが開発を加速する空飛ぶタクシーのイメージ(右)。東京都の小池百合子知事(左)も期待を寄せる

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2767文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。