米配車大手のウーバーテクノロジーズが東京で「空飛ぶタクシー」の実証実験を目指す方針を明らかにした。複数の航空機メーカーなどと共同で開発中の垂直離着陸機で新たな移動サービスの提供をもくろんでいる。ライドシェア(相乗り)サービスでは規制当局との交渉不足を露呈したが、空飛ぶタクシーではしたたかさを見せる。

ウーバーが開発を加速する空飛ぶタクシーのイメージ(右)。東京都の小池百合子知事(左)も期待を寄せる