独フォルクスワーゲンがスズキの株式を売却することが決まった。これにより、4年に及んだ提携解消を巡る両社の係争がほぼ終結する。スズキが望んだ結果となったが、費やした授業料は安くなかった。