東芝は8月31日、2カ月延期していた有価証券報告書の提出を再び延期した。国内外の子会社で再調査が必要な会計処理が複数見つかり、監査が間に合わなかったという。東芝の「自主チェック」が不完全だったことが明らかになり、当事者能力が改めて問われている。