東京ディズニーリゾート(TDR)の夏休みの入園者数が前年を下回る水準となった。会社側は想定の範囲内としているが、業績の伸び悩みは2017年まで続くとの予測も。連続値上げに見合う顧客満足度の向上が課題となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1219文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題