ビール業界では、価格の安い第三のビールの販売が好調だ。節約志向が高まる中で「家飲み」ニーズをうまく取り込んでいる。一方、外食不振の影響もあり通常のビールの販売は苦戦。最盛期の夏場にメーカーは喜び半分だ。