蓮舫代表代行と前原誠司元外相による一騎打ちの構図となった民進党代表選。最大の焦点が次期衆院選での共産党などとの野党共闘のあり方だ。共闘路線を継続するのか、自力での党勢拡大を目指すのか。実のある論戦が党立て直しの大前提となる。