新型がん治療薬「オプジーボ」に端を発した高額薬剤問題。ここに来て対策協議が本格化する中、水を差した格好なのが日本医師会だ。前言を撤回する変節ぶりに、厚生労働省は頭を抱えている。