トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの自動車大手3社が中国での大幅増産に向けて一斉に動き始めた。中でも本気度を見せつけるのがトヨタ。2021年までに約35%の能力拡大を目指す。なぜ今なのか。自社工場を視察に訪れた中国の李克強首相の存在に加え、深刻化する米中貿易摩擦も追い風になっている。

李首相(中央)を手厚く迎える豊田社長(左)(写真=共同通信)

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの自動車大手3社が中国で生産能力を一斉に引き上げる。一番、強気なのがトヨタ。2021年までに現状より約35%増やす計画だ。20年までに同3割増の日産、19年までに同2割増のホンダに比べても鼻息の荒さが目立つ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1141文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。