トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの自動車大手3社が中国での大幅増産に向けて一斉に動き始めた。中でも本気度を見せつけるのがトヨタ。2021年までに約35%の能力拡大を目指す。なぜ今なのか。自社工場を視察に訪れた中国の李克強首相の存在に加え、深刻化する米中貿易摩擦も追い風になっている。

李首相(中央)を手厚く迎える豊田社長(左)(写真=共同通信)

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの自動車大手3社が中国で生産能力を一斉に引き上げる。一番、強気なのがトヨタ。2021年までに現状より約35%増やす計画だ。20年までに同3割増の日産、19年までに同2割増のホンダに比べても鼻息の荒さが目立つ。