公正取引委員会が8月24日、長崎県が舞台の地方銀行再編をようやく認めた。中小企業向け融資を切り離し、他の金融機関に譲り渡す“奇策”を使うことで最終決着した。統合計画発表から2年半。国は今後の再編の先例になるとみるが、首をかしげる関係者も少なくない。

<span class="fontBold">手放しで喜べる地銀再編ではない(8月24日の銀行側記者会見)</span>(写真=朝日新聞社)
手放しで喜べる地銀再編ではない(8月24日の銀行側記者会見)(写真=朝日新聞社)

 「初期の段階で今回のような案を出してくれていれば、ここまで長引くことはなかった」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1198文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。