8月下旬にもかかわらず、都内で36度の最高気温を記録した「終わらない夏」。暑過ぎて客足が遠のいた衣料品専門店などは、減少した売り上げの挽回策を練る。長期化する「夏商戦」に、「秋冬商戦にしわ寄せがくる」と懸念する声も。

<span class="fontBold">「ユニディ松戸ときわ平店」では、9月以降も送風機を積極展開する</span>
「ユニディ松戸ときわ平店」では、9月以降も送風機を積極展開する

 災害級といわれる今年の猛暑。7月下旬に都内で初めて40度を超え、8月下旬でも36度を記録。気象庁によると9月以降も厳しい残暑が続く見通しだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1039文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。