明治や味の素、サントリー食品インターナショナルなどが国内で新工場の建設を進めている。食品・飲料業界では工場の老朽化が進んでおり、建て替えが必要なケースも少なくない。人口が減少する中、業界最大手はあえて国内で攻めの投資を決断、ライバルの引き離しを狙う。

明治はチョコレートの生産能力を増強し、生産効率や品質を高める(写真=澤木 儀明)