明治や味の素、サントリー食品インターナショナルなどが国内で新工場の建設を進めている。食品・飲料業界では工場の老朽化が進んでおり、建て替えが必要なケースも少なくない。人口が減少する中、業界最大手はあえて国内で攻めの投資を決断、ライバルの引き離しを狙う。

<span class="fontBold">明治はチョコレートの生産能力を増強し、生産効率や品質を高める</span>(写真=澤木 儀明)
明治はチョコレートの生産能力を増強し、生産効率や品質を高める(写真=澤木 儀明)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1299文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。