菅義偉官房長官が携帯電話料金について「4割程度値下げの余地がある」と発言。大手に値下げを迫る。異例の注文に業界では「民業圧迫」との不満も渦巻くが、これまで小手先の値下げに終始してきた面も。試金石は総務省の有識者会議でスタートした情報通信市場の包括議論。来年末に方向性を打ち出す見通しだ。

<span class="fontBold">講演で携帯料金の高止まりを指摘した菅義偉官房長官</span>(写真=共同通信)
講演で携帯料金の高止まりを指摘した菅義偉官房長官(写真=共同通信)

 「長年くすぶってきた携帯料金問題の外堀を官邸に埋められ、大手携帯電話会社や監督官庁の総務省も今までのようにノンビリと議論するわけにいかなくなった」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1067文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。