ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ副社長が約600億円分の自社株を市場で購入する。孫正義社長はもろ手を挙げて歓迎しており、アローラ氏が後継者となる可能性が一段と高まった。ただ、その背景にはアローラ氏の投資家としての鋭さも見え隠れする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1348文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。