キリンホールディングスがミャンマーで8割のシェアを握るビール最大手を買収した。水面下で進めてきた買収工作が実ったが、今後は競争力を高める課題が待つ。東南アジアで存在感が低下していたキリンの起死回生となるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1547文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題