安倍政権が成長戦略で掲げる空港や道路など、公共インフラの民営化。その試金石とされる仙台空港では3つの企業連合が立候補し、9月にも運営者が決まる。だが赤字の地方空港を運営する魅力は乏しく、手を挙げた企業には別の思惑が潜む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1272文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題