中国のスマートフォン(スマホ)メーカーが相次ぎ日本市場に参入している。グローバルで展開する規模のメリットを生かし、低価格モデルで攻勢をかける。スマホ成熟市場の日本だが、中国勢にとってはまさに今が「攻め時」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1284文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題