中国のスマートフォン(スマホ)メーカーが相次ぎ日本市場に参入している。グローバルで展開する規模のメリットを生かし、低価格モデルで攻勢をかける。スマホ成熟市場の日本だが、中国勢にとってはまさに今が「攻め時」だ。