政府・日銀が政策協調のアピールに腐心している。円高の進行などに結束して対応する姿勢を示すとともに、アベノミクスへの市場の期待をつなぎ留めるためだ。金融・財政政策のカードが限られるなか、焦点は政府の構造改革に対する「本気度」に移っている。