カード大手のクレディセゾンがコスト増を覚悟で全従業員を正社員化する。AI(人工知能)やフィンテックがビジネスモデルを揺さぶる中、人材への投資しか成長への道はないと判断した。多くの企業が直面する労働契約法の「2018年問題」や、非正規との格差問題への解決策としても注目される。

4つの職種を統一し同一労働同一賃金に
●クレディセゾンの人事制度改革の概要

 「社員全員が挑戦を続けられる仕組みを作り、中期経営計画達成のための原動力としたい」

 林野宏社長をはじめとする経営陣はこんな思いから、新制度を検討してきた。就任から今年18年目という長期政権になった林野氏にとっても、かつてない思い切った制度刷新だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1086文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。