トランプ米大統領の「制裁」発言から通貨リラが対ドルで急落、トルコ経済が混乱している。自動車販売店では連日のように値上げ。現地生産するトヨタ自動車も対応に苦慮する。エルドアン大統領は強気の姿勢を貫くが、さらなる混乱は他の新興国不安に火をつけかねない。

<span class="fontBold">トヨタ自動車はトルコを重要拠点と位置付けてきた</span>
トヨタ自動車はトルコを重要拠点と位置付けてきた

 「買うなら値上げ前の今だよ」

 8月17日、トルコ最大の都市イスタンブールでトヨタ自動車の販売店を訪れると営業マンが熱心に購入を勧めてきた。日本では「ヴィッツ」として知られる小型車「ヤリス」。価格は9万8850リラ(約180万円)だ。営業マンによると9月1日に値上げするという。この販売店では値上げラッシュが続いている。3日前まで14万リラだったワンランク上の「カローラ」は、この日15万3500リラ。10%もの値上げだ。主な原因は、通貨リラの急落で海外から調達している主要部品が値上がりするためだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2568文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。