コンビニエンスストアが慢性的な来店客数の減少に苦しんでいる。各社は客単価を引き上げて売り上げを確保しようと、商品力の強化や販促策を矢継ぎ早に打ち出す。一定の効果は出ているものの、客数減少はコンビニの根本的な競争力の低下を示している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2425文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。