国内外から注目された戦後70年談話をバランスに腐心した内容で着地させた安倍晋三首相。安全保障関連法案審議の迷走による内閣支持率低下で、「守り」の姿勢を優先している。自民党総裁選後の「人事」や経済対策などで再浮揚を図る構えだが、秋にかけて正念場が続く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2772文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題