中国人民銀行が8月11日から3日連続で人民元の対ドルの基準値を切り下げた。想定以上に景気の減速が進む中、自国通貨を下げて輸出を促進する狙いだ。企業業績悪化や物価押し下げ、訪日客の消費減退など、人民元安は日本経済の新たなリスク要因となる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2363文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。