生命保険会社の運用が円高とマイナス金利で極めて厳しい環境に立たされている。一部生保は契約者に約束した利回りに運用が届かない逆ざやに陥った。円高は昨年相次いだ海外生保の買収効果をも弱め、生保を苦しめている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り841文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年8月22日号 12~13ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。