生命保険会社の運用が円高とマイナス金利で極めて厳しい環境に立たされている。一部生保は契約者に約束した利回りに運用が届かない逆ざやに陥った。円高は昨年相次いだ海外生保の買収効果をも弱め、生保を苦しめている。