ビール大手が海外で地域の選別を進めて相次ぎ事業を売却している。世界でアンハイザー・ブッシュ・インベブなどによる寡占が強まる中、全方位に攻めても歯が立たないからだ。ただ日本勢のシェアは今なお数%にとどまっており、これまでのM&A(合併・買収)戦略に限界も透けて見える。

 「企業価値を向上させるための資産の見直し効果が数字に表れた」。アサヒグループホールディングス(GHD)の濱田賢司取締役は8月上旬の記者会見で、今年1~6月期決算を振り返った。

 昨年から今年にかけて総額1兆2000億円を投じて買収した西欧と中東欧のビール事業が貢献。同期の売上高は前年同期比20%増の9374億円、営業利益は34%増の707億円だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1073文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。