人件費や原材料費が上昇する中、小売りやメーカーが難しい対応を迫られている。景気は回復基調だが消費者の財布のひもは固いままで、値上げすれば客が離れるリスクがあるからだ。景気や生活の先行きに対する懸念は根強く、あえて値下げする企業もある。体力勝負の様相が強まりそうだ。

(写真=アフロ)
(写真=アフロ)

 ファミリーレストラン「ガスト」などを展開する外食大手すかいらーくは10月から、値上げに踏み切る。サラダなどのサイドメニューを中心に価格を引き上げ、平均客単価で15円程度の上昇を見込む。「長崎ちゃんぽん」を展開するリンガーハットも8月10日から、西日本地域の店舗で、ほぼ全ての商品の価格を平均4%程度値上げした。

 両社の値上げが示唆するのは、人件費や物流費などのコスト上昇に企業が耐え切れなくなってきたことだ。すかいらーくの谷真社長は、「サイドメニューを中心に値上げをするのは客足に影響が少ないから」と、慎重に判断したことを強調する。リンガーハットは昨年8月、既に東日本の店舗で約半分の商品で4%程度の値上げを実施済み。西日本は比較的人件費が安いため、これまで値上げを踏みとどまっていたが、コストを吸収しきれなくなった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2287文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。