日米両政府は新たな閣僚級のFFR(貿易協議)の初会合を終えた。米国はFTA(自由貿易協定)を念頭に2国間交渉を求めたが全面対立を回避。結論は次回会合に先送りした。米側の姿勢には貿易協議の戦線拡大による準備不足という事情が透ける。着地点はなお不透明だ。

FFRの初会合後、日米双方は協調姿勢をアピールしたが…(写真=AP/アフロ)

 自動車・部品の関税引き上げの対象から日本を除外する条件として、米国は日本にFTA交渉の開始を迫ってくるのではないか──。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1232文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。