日米両政府は新たな閣僚級のFFR(貿易協議)の初会合を終えた。米国はFTA(自由貿易協定)を念頭に2国間交渉を求めたが全面対立を回避。結論は次回会合に先送りした。米側の姿勢には貿易協議の戦線拡大による準備不足という事情が透ける。着地点はなお不透明だ。

FFRの初会合後、日米双方は協調姿勢をアピールしたが…(写真=AP/アフロ)

 自動車・部品の関税引き上げの対象から日本を除外する条件として、米国は日本にFTA交渉の開始を迫ってくるのではないか──。