スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の3社で出荷前の車両で実施する「完成検査」で不手際が見つかった。決められたやり方を逸脱して、燃費・排ガスを測定していたという。ルール違反であることには違いないが、検査のやり方そのものが「時代遅れ」という指摘も少なくない。

世界販売が伸びるマツダでも不適切な検査があった(写真=朝日新聞社)

 スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の3社が、出荷前の車両の燃費・排ガス検査を国が定めたルールから逸脱して実施していたとして謝罪した。今年3月にSUBARU(スバル)で、同7月には日産自動車で燃費・排ガス測定のデータ改ざん問題が発覚、国土交通省が各社に内部調査を指示して明らかになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1106文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。