大塚家具が業績不振から抜け出せず、創業以来最大の危機に陥っている。自力再建が困難となり、身売り交渉を迫られているが、スポンサー探しも容易ではない。経営権を巡って父との争いには勝った久美子社長だが、今度は自らの座を守れるか、大きな試練に直面する。

苦境に立たされている大塚久美子社長(写真=朝日新聞社)

 8月12日、日曜日の夕方、記者は大塚家具の銀座本店を訪れた。顧客はまばらで、店員の姿の方が目に付く。「お客様に大丈夫なのかと聞かれることも多いですが、分かりませんとしか答えようがありません」。経営難と身売り交渉に関する報道が過熱する中、商品説明をしてくれた店員はこう話した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1067文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。