経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)が消費者向けビジネスに参入する。旗振り役は外部から来た伊藤嘉明常務。約100日で発表にこぎ着けるほど、社内をかき回している。急速な改革に社内では反発も大きい。「よそ者」は赤字会社を変えられるか。

JDIの伊藤嘉明常務(右)は、「遅れ鏡」(左)など新規事業開拓を急ぐ(写真=伊藤氏:北山 宏一)

 「外部の力をフル活用する。すでに手は打っている」。ジャパンディスプレイ(JDI)で新規事業を統括する伊藤嘉明常務執行役員は、業績低迷を打破するために“禁じ手”に踏み切ると宣言した。