東京電力ホールディングスグループのベンチャーが太陽光発電パネルを“無料”設置する新サービスを始めた。指揮を執るのは、個人間融資の仲介サービスで先駆けた起業家、妹尾賢俊氏。「隣の家に電気をおすそ分け」。電気でこんな個人間取引を実現するため、目を付けたのが東電の“政治力”だ。

(写真=朝日新聞社)

 「今の電力業界は、フィンテックが広がり始めた時の金融業界と似ている」。こう話すのは、東京電力ホールディングス(HD)の投資会社が全額出資して設立したベンチャー、TRENDE(トレンディ、東京・千代田)の妹尾賢俊社長。電力業界では新顔だが、東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)を経て、2007年にマネオ(東京・千代田)を創業、日本で初めて個人間融資の仲介サービスを始めた経験を持つなど金融界では知られた存在だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1065文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。