東京電力ホールディングスグループのベンチャーが太陽光発電パネルを“無料”設置する新サービスを始めた。指揮を執るのは、個人間融資の仲介サービスで先駆けた起業家、妹尾賢俊氏。「隣の家に電気をおすそ分け」。電気でこんな個人間取引を実現するため、目を付けたのが東電の“政治力”だ。

(写真=朝日新聞社)

 「今の電力業界は、フィンテックが広がり始めた時の金融業界と似ている」。こう話すのは、東京電力ホールディングス(HD)の投資会社が全額出資して設立したベンチャー、TRENDE(トレンディ、東京・千代田)の妹尾賢俊社長。電力業界では新顔だが、東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)を経て、2007年にマネオ(東京・千代田)を創業、日本で初めて個人間融資の仲介サービスを始めた経験を持つなど金融界では知られた存在だ。