2020年東京五輪・パラリンピックの酷暑対策として、政府はサマータイム導入の検討を開始した。日が出ているうちに仕事を終え、余暇の時間を楽しむ人が増えれば、消費刺激効果も期待される。企業の中には既に独自制度で残業削減につなげた事例も。単なる五輪対策に終わらせない仕組みをどう作るか。

一部企業などで始業時刻を早める取り組みも(写真=朝日新聞社)

 2020年の東京五輪・パラリンピックの暑さ対策の一つとして、欧米などで採用されているサマータイム(夏時間)がにわかに脚光を浴びている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1177文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。