決着の場と目されていたTPP交渉参加国の閣僚会合で大筋合意が先送りになった。日米などは8月下旬の会合再開を目指しているが、漂流も現実味を帯びてきた。成長戦略の柱としてきたTPPに黄信号が点滅し、安倍晋三政権のダメージは大きい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2578文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題