髙橋興三社長は主力の液晶事業の分社化を検討していると明らかにした。中国スマホ市場の減速を理由に、たった2カ月半で方針を転換した。だが問題は市況環境の変化にはない。事業の立て直しが行き詰まっている。