7月末、株式市場を「ファナックショック」が襲った。スマートフォン向けの設備需要の落ち込みを理由に通期業績を下方修正し、投資家らの不安を誘った。3割超の営業利益率を弾き出す「超高収益企業」の看板が、揺らいでいるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1109文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題