野村ホールディングスの2018年4~6月期の純利益が9割減った。米中貿易戦争など市場の不安材料が増えたことが要因というが、それだけではない。コスト削減策が裏目に出るケースも目立ち、「内憂外患」の様相を呈し始めている。

ホールセールスが9四半期ぶりに赤字に転落
●野村HDの3セグメント別業績(税引き前利益または損失)
ホールセールスが9四半期ぶりに赤字に転落<br /><span>●野村HDの3セグメント別業績(税引き前利益または損失)</span>

 「2020年までにどんな事業環境でも収益を上げられるようにする」。5月末の投資家向け事業説明会で、野村ホールディングスの森田敏夫共同グループCOO(最高執行責任者)はこう力説した。しかし、今年度最初の決算は、改革の行く末に危うさを覚える結果になった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1113文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/