ヤマトホールディングス子会社で、引っ越し料金の過大請求が発覚した。2000社以上に及ぶ企業から17億円を不正に得ていたことが明らかになっている。事態の収束を急ぎたいヤマトだが、「未来の顧客」を失いかねない状況に深刻さは増す。

<span class="fontBold">「信頼を裏切り心から深くおわびする」とヤマトHDの山内雅喜社長(左)</span>(写真=時事)
「信頼を裏切り心から深くおわびする」とヤマトHDの山内雅喜社長(左)(写真=時事)

 ヤマトホールディングス(HD)でまた不祥事が明らかになった。舞台は法人向けの引っ越しサービス。子会社のヤマトホームコンビニエンス(HC、東京・中央)が、過去2年間に取引した顧客企業のうち、実に8割に当たる企業に過大請求していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り979文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。