ネットを使ったシェアリングサービスが急拡大する一方で、事業から撤退する企業も目立つ。フリマアプリ最大手のメルカリも、このほど商品の即時買い取りなど3つのサービスを終了させる。参入障壁が低いため企業が乱立してきたが、淘汰も始まり、持続性のある事業モデルを各社が模索し始めた。

メルカリは「インパクトの大きい事業に経営資源を集中する」とする(写真=Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 「結局、一度も使うことはありませんでした」。普段メルカリのフリマアプリを使うユーザーは、同社が2017年11月に始めた即時買い取りサービス「メルカリNOW」には手が伸びなかった。同サービスは18年8月20日に終了する予定だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1149文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。