在宅などで仕事をするテレワーク。政府も働き方改革の一環として普及を推進している。しかし実際は会社の制度としての導入も一部にとどまり、制度があっても使わないという社員も多い。働きやすさを目的にした取り組みだが、「使うと逆に疲れてしまう」という実態が壁になっているようだ。

<span class="fontBold">インフォテリアでは多くの社員がテレワークを利用している</span>
インフォテリアでは多くの社員がテレワークを利用している

 「今週中に最低1日は使ってくれと言われた」。7月中旬、都内のコンサルティング会社に勤める20代の女性は会社から「テレワーク」の利用を促された。テレワークは、メールやテレビ電話を活用し、自宅などで仕事をする働き方だ。ただ、女性の自宅は徒歩で出勤できるほど会社に近い。「上司に言われて制度を使ったが、あまりメリットがないし、家だと仕事に集中できない」と話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1075文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/