8月5日、スカイマークの債権者集会で2つの再生計画案が激突する。当事者不在の再生プロセスで、関係者間の相互不信は一気に増幅。いずれの案に決定しても、今後の再生に禍根を残すことは必至だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2333文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題