8月5日、スカイマークの債権者集会で2つの再生計画案が激突する。当事者不在の再生プロセスで、関係者間の相互不信は一気に増幅。いずれの案に決定しても、今後の再生に禍根を残すことは必至だ。