東芝の不正会計問題は歴代3社長が辞任する異例の事態に発展した。経営陣はなぜ極端な当期利益至上主義に走ったのか。問題の本質が解明されるのはこれからだ。経営陣の刷新に加え、事業分割も視野に構造改革を加速せざるを得ない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6665文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題