米国から遅れること2週間強、ついに「ポケモンGO」が7月22日、日本に上陸した。配信開始から日本マクドナルドホールディングスと提携するというサプライズもあった。全国のマクドナルド店舗に、スマホを見つめる人たちが殺到しているが、売り上げへの効果やいかに。

「ポケモンGO」に熱中するユーザーで行列ができた東京・三軒茶屋のマクドナルド

 スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の日本配信が22日に始まって最初の週末。東京・三軒茶屋にある「マクドナルド」の周辺では、ポケモンGOで遊ぶ人だかりができた。

 ポケモンGOは、スマホの位置情報機能と実世界の地図を利用したゲームで、画面上に現れたポケモンを捕まえ、育成や対戦などをして楽しむ。ポケモンやアイテムを得るために、ユーザーは実際に街中を動かねばならない。

 日本でも配信開始と同時に待ちわびた人が一斉にゲームを始めた。欧米同様、街中にポケモンGOに熱中する人があふれるなど社会現象となった。

続きを読む 2/3 マック現場からの意外な声

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2539文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。