3000億円を投じ、同社として過去最大の企業買収を決断したコマツ。相手は米鉱山機械大手のジョイ・グローバル。勝ち残りへ一気に品ぞろえの幅を広げる。ただ資源安で製品需要は低迷。コマツの思惑通りに回復へ向かうのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り950文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題