大統領就任当時から政権の“顔”だったスパイサー報道官が辞任した。ロシアゲートを巡るメディア対応などで対立し、双方に不満が募っていた。G20の夕食会で安倍昭恵夫人が「ハローも言わなかった」と語り波紋に。

ドナルド・トランプ 米大統領
(写真=UPI/amanaimages)
(写真=UPI/amanaimages)

7/22 @ ツイッター
ショーン・スパイサー氏は素晴らしい人物だ。フェイク(偽)ニュースメディアから誹謗されたが、彼の未来は明るい!

7/19 @ 米ニューヨーク・タイムズのインタビュー
安倍首相夫人の隣に座った。彼女は素晴らしいが、英語を話さず、ハローも言わないほどだった

7/19 @ ツイッター
プーチン氏との秘密のディナーに関するフェイクニュースにはうんざりだ

7月21日、スパイサー報道官が辞任した。政権発足時から政権の“顔”としてメディアの矢面に立ってきたが、ロシアゲートを巡る対応などでトランプ大統領と対立。広報部長に投資会社創業者のアンソニー・スカラムチ氏が起用されたことに反発した。トランプ大統領は、捜査が家族の資産にまで及ぼうとしていることに「越権行為だ」と強く反発。G20(20カ国・地域)首脳会議でロシアのプーチン大統領と秘密会談を行っていたとの報道もあり、いら立ちを募らせている。米ニューヨーク・タイムズのインタビューでは、G20の夕食会で安倍昭恵・首相夫人が英語を話さなかったと語り、波紋を広げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り592文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/