仮想通貨「ビットコイン」の行方が世界で注目を集めている。分裂騒動を受け、国内では一部取引所が取引を一時停止するなどの対応に追われている。決済手段として利用する企業も増えてきた仮想通貨とどう向き合えばよいのか。

相場は激しく乱高下してきた
●ビットコイン価格と主な出来事

 7月に入ってビットコイン相場が乱高下を繰り返している。技術開発者や事業者の間で対立が起き、同月下旬には国内の取引所のほとんどが一時的に取引を停止する一幕もあった。成長を続けてきたビットコインが大きな転換点を迎えている。

 騒動の発端はビットコインの取引量が急増し、送金処理などに遅延が目立ってきたことだ。この技術的な解決方法を巡り対立が起きた。

 ビットコインは、取引情報の集まり(ブロック)を仮想的な台帳に書き込み、それを連鎖(チェーン)させて管理する「ブロックチェーン」という仕組みを使う。処理速度向上のため、現在1メガバイトのブロック容量を2倍に拡大する方法と、取引データを圧縮する方法が考案された。