みずほ信託銀行が手数料を従来の半分以下となる約40万円に抑えた遺産整理サービスを始める。申し込みや財産目録の作成をインターネット経由で済ませるようにし、コストを抑える。高齢化の進展により、ニーズの拡大は確実。その追い風をとらえることはできるか。

相続額1000万円未満が約半数 割安なサービスに需要
●相続を受ける金額の総額
注:パーセントはそれぞれ四捨五入した数値
出所:フィデリティ退職・投資教育研究所

 亡くなった人が、どの金融機関に、どれだけのお金を預けていたのか。不動産や株式も保有していたのなら、それぞれの価値はいくらか。誰が相続人で、どのように分割するのか……。